セキュリティシステムは、金融機関やスーパー、あるいは会社や事務所などさまざまなところで導入されています。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

セキュリティシステムはいろいろなところで導入されています

セキュリティシステムは、いろいろな場所で導入されています。銀行など現金を多く取り扱う金融機関では、特に厳重なセキュリティシステムを導入しているところが多いようです。街中のスーパーやコンビニエンスストアなどにも、監視カメラや通報システムなどのセキュリティシステムがあります。監視カメラは、わざと目立つようにすることで事前に盗難などを防止をする効果もあります。一般の企業や事務所などでもセキュリティシステムを導入するところが増えています。夜間などは、センサーによって監視を行い、侵入者などがあった場合、警備会社の人間が駆け付けるようになっています。

また、鍵も偽造しにくい鍵が使われるようになっています。企業秘密を守るために、会社に出入りする人間をチェックできるシステムを導入しているところなどもあります。ICカードなどを利用して、社員とそれ以外の人間を区別するシステムなどがそうです。社員は、ICカードを機械にかざすことにより入室、退室をします。そのカードが無い人間はその部屋に入れないようになっているので、外部の人間が勝手に侵入することができません。また、生体認証などを利用したものもあります。指紋や虹彩など、人によって違う部分を登録して、登録した人だけの入室を許可するものです。この方法は、偽造されにくい点がメリットとなります。

お勧めのサイト

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.