インターネットの発展で情報収集が格段と飛躍しましたが、同時にセキュリティ対策をしっかり行うことが重要です。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

ネット社会における情報セキュリティ対策

インターネットが発展して以来、人々は様々な情報を迅速かつ大量に取得することが出来るようになりました。パソコンやネットワークの普及も相まって、大量の情報を共有することもと可能となりました。しかし同時に、情報セキュリティ対策という新たな課題も生まれました。まず一般的なものとして、ウイルス対策が挙げられます。毎日のように新種のウイルスが発生しています。しかしこれについては、個人・法人ともに、最新の対策ソフトの導入やソフトウェアの更新を定期的に行うことによって解決する場合が多くなっています。

また企業内においては、社内ネットワーク等のLAN設備が一般化しています。個人情報や機密情報を社内共有している場合も多く、外部に流出してしまった場合は、企業の信用を失いかねません。そこで重要情報については、権限のある社員やパスワードの設定など特定の人しかアクセス出来ないという社内規定やシステムを作ることが大変重要となります。しかし、最近ではアクセス権限のある人物が意図的に情報を取得して外部に流出するといったケースも増えています。そこで社内教育を徹底して企業倫理を高め、社員一人ひとりが責任と自覚を持って重要情報を取り扱うよう、人的な観点からのセキュリティ対策も重要となっています。

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.