コンピュータやインターネットを安心して使うためには、情報セキュリティ対策が必要不可欠です。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

情報セキュリティ対策

インターネット利用時に、ウィルスはメールやホームページや記憶媒体などの、様々な経路から侵入し、被害をもたらします。ウィルスに感染しますと、自分だけでなく、別のコンピュータにも感染させてしまう恐れもありますが、基本ソフトやWEBブラウザなどのソフトウエアでは、情報セキュリティ上の弱点が発見されることがあります。この問題を解決するため、ソフトウエアメーカーなどの、信頼できるソースから、ウィルス対策ソフトを定期的に更新して防御を強化します。またウィルスに感染しないようにするためには、知らない人からのメールや添付ファイルを不用意に開けないようにします。

IDやパスワードはパソコンの情報機器や各種インターネットサービスを利用する際に必要になります。この情報は他には秘密にしておかなければなりません。パスワードが盗まれますと、保護されていた情報が全て危険にさらされてしまいますので、安全性のあるパスワードを使用します。14文字以上の長さで、数字や記号を組み合わせたものが理想です。また複数のインターネットサービスで、同じパスワードを使い回さないなどのセキュリティ対策が肝心です。

企業や組織における情報セキュリティの基本概念とは、許可された者だけがアクセスできる機密性、保有する情報が正確で安全である状態を保持する安全性、必要な情報が必要な時に、許可されている利用者だけが、確実にアクセスできるようにする可用性の3つの要素のことです。

お勧めのサイト

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.