日本人の防犯の意識は向上していて、自宅を泥棒などから守ってくれるホームセキュリティに関心が高まっています。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

ホームセキュリティとは

ホームセキュリティとは、その名の通り自宅を守ることです。一戸建て住宅、マンション、アパートや、企業の事務所などの空き巣、火災、ガス漏れなどから、建物と住人を守ってくれます。自宅や事務所に取り付けられているセンサーが、異常を感知すると警備会社に自動的に伝わり、ガードマンが駆け付けてくれますので、万が一の時にも安心です。

警備会社と契約した時のホームセキュリティのシステムは、自宅や事務所に不法侵入者を感知した場合は、ガードマンが駆け付けます。ガス漏れや火災などが発生した時は、警報器が鳴ったり警備会社から消防局やガス会社への通報を行います。また高齢者や病気を患っている人が急変した場合は、緊急ボタンを押してもらうことにより、予め登録しておいた病院に連絡をしたり、救急者やガードマンも駆け付けます。遠く離れた土地に、高齢の親が住んでいる人が多く利用しているサービスです。ガードマンは警察のように国家権力はありませんので、警察や消防への迅速な連絡が主な仕事になります。

セキュリティ会社にお任せするば一応は安心ですが、常に防犯の意識を持ち、自分でも空き巣に入られないような対策をして、この家は入り難いと思わせるようにすることも大切です。家の周りに大きな木を植えたり、沢山の物を置いたりしますと、泥棒に隠れ場所を提供しているようなものですから注意しましょう。また一人暮らしの女性は、表札に男性の名前も入れておいたり、わざと男物の衣類を干すのも効果的です。一番肝心なのは、自分の身は自分で守るという意識です。

お勧めのサイト

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.