オフィスにおけるセキュリティ対策のポイントとして、パソコンやメディアの扱い方について紹介します。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

パソコンや記録メディアに対するセキュリティ対策

企業において情報というものは資産そのものと言って良いでしょう。セキュリティリテラシーが行き届いていないと、どのような高度なセキュリティシステムを導入したとしても、情報資産が漏えいすることを防ぐことはできません。職場におけるセキュリティ対策のポイントとして、パソコンやメディアの扱い方について紹介します。まずはパソコンの管理ですが、まず最も大事なことは、クリアスクリーンポリシーを遵守するということです。これはパソコン等の情報端末から離れる場合には、自分以外の他人が勝手に利用されたりすることがないようにすることです。

席から離れるときにパスワード付の画面ロックを掛けたり、退社時は電源を落とし、他人に使われないようにする等といったことです。例えば修理等で社外の業者へ一時的にパソコンを預ける場合、機密情報データは別媒体に移動しておき、修理に出すパソコンのハードディスクからデータを完全消去しておくなどの対策が必要です。CD・DVD・USBといった記録媒体については、廃棄するときには、媒体を初期化したうえで破砕後に廃棄するようにすることが大切です。またこれらのメディアを管理者の許可なく社外に持ち出さないようにし、また逆に私的な記録媒体は持ち込ませないようにすることも大事です。

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.