WAFというアプリケーションデータのチェックを行うファイヤーウォールは、企業では必要不可欠なセキュリティです。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

アプリケーションのデータをチェックするセキュリティとは

インターネットの利便性は安全対策を確実に行った上で初めて確立されるものであり、セキュリティ対策無しでは極めてリスクの高い利用となります。家庭での利用は勿論、企業においては、それはより大前提のこととなります。ファイヤーウォールは非常に有効な手段であり、現在でも導入は必須と言えます。しかしファイヤーウォールだけでは現在のインターネットの危険性から、企業のネットワークを守り切ることは不可能に近い状態です。現在ではアプリケーション段階での攻撃が、もはや普通に行われている状況にあります。ポートだけの問題ではなく、アプリケーションを通して流れるデータその物のチェックが必要になります。

このセキュリティ対策ではWAFが有効になります。これはネット上に流れるウェブアプリケーションデータの審査を行いますので、守るレイヤー層が格段に広がります。通常のファイヤーウォールだけであれば、通してしまう不当なデータを発見し、遮断することが可能になります。アプリケーションの脆弱性に潜む攻撃に対して有効である点が、このセキュリティの優れた能力と言えます。これは現在では必要不可欠なセキュリティ対策でありますから、企業活動には導入が大前提と言える存在です。

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.