セキュリティレベルを高くする必要のあるパソコンでは、USBポートやSDカードスロットなどをふさいでいます。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

USBポートなどをふさいでパソコンのセキュリティを強化します

現代で仕事をするうえで、パソコンはなくてはならないものとなってきています。それは私の働く事務所でも同様で、一人一台ノートパソコンが割り当てられていて、それぞれで責任を持って管理するようになっています。その中でも、事務所責任者の人のパソコンは特にセキュリティを厳重にしてあります。例えばデータを守るために、側面にあるUSBのポートやSDカードのスロットはふさいであります。私たち事務員の使用するパソコンにも一部行っていますが、ふさぐと言っても、二度と使えないようになっているのではなく、小さい部品を挿して穴を埋めています。これは挿す時にも専用の道具を使って、抜き取る時にも同じように簡単に抜いてまたポートを使うことが出来ます。他の部分をふさぐ場合にも形が違う専用の道具を使えばできます。

こういったものでふさぐことによってデータ盗難への抑止力となります。社内の人間を特別疑っているというわけではないし、映画で見るようなスパイに狙われている可能性が高いというわけではありません。これは、もちろん実際の被害を防ぐことにも繋がりますし、きちんとセキュリティ対策をしているという示しになり、従業員たちの意識を高める効果もあるのだと思います。

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.