セキュリティ製品のシュレッダーの使用のコツに、別の紙を一緒に投入する方法や、向きに気を付けることがあります。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

情報のセキュリティを守るシュレッダー使用のコツです。

昔からあって、その形や機能をどんどん進化させてきたセキュリティ製品があります。それはシュレッダーです。過去のシュレッダーは機械自体が大きく音もうるさかったので、使われる場所が限られていたそうです。今では手動の物から、最新式の元の文字が一切想像できない様なものまで幅広くあります。ペーパーレスの時代になってきているとは言え、紙の書類はまだまだ毎日たくさん使用され、そしてたくさん廃棄されています。

私の働くオフィスでは、情報を守るためのシュレッダーの使用ルールが決められています。その中でも初めて耳にしたコツがありました。特にきっちりと破棄したい情報の書類を入れる場合は、その情報とは関係ない内容の書類や紙を一緒に入れると良いそうです。たしかにただでさえ細かくなっているのに、他の破片と混ざっていたらますます分からなくなりますよね。それから、これも盲点だったなと思ったのが紙を入れる向きです。意識したことはなかったけれど、縦書きの書類を縦向きに入れた時、裁断の幅によっては文章の推測ができてしまいます。横向きの時も同様です。こういった少しの手間でもかなり違うと思うので、使い方の工夫も大切だなと感じました。

お勧めのサイト

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.