セキュリティ対策での基本に帰ってセキュリティを確認するということなどの注意点を書いています。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

セキュリティ対策と基本の再確認

インターネットを利用していると、もう当たり前だとわかっていることということで、基本を忘れてしまう場合があり、そこを突かれて被害に遭うということがあります。わずかなセキュリティホールも見逃さないということがプロということですので、悪意ある第三者は、その面でのプロですから、常にそのようなわずかなセキュリティホールを探しながら利用しようとしているということですが、外国では警察署のすべての資料のデータがロックされてしまうというトラブルもあり、まさか金銭で解決はできないので、すべての資料を最初から作りなおしたということでしたが、取り締まる方もそのように隙を作ると、まさかの事態になる場合もあります。

まして中小企業や個人の場合には、それ以上に注意をしていないといけないということになります。その意味でも基本の再確認を定期的に実行し、例えば企業などでは、専門家に依頼して定期的にサイバー攻撃をしてもらうということも行ったほうが良いと思います。その結果から弱点が出てきますので、その対策と取るということになります。もう大丈夫ということが一番危ないということですが、時々は基本に帰るということも大切だと思います。

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.