ホームセキュリティシステムが一般的な設備として備わっている物件が増えており、概要について説明いたします

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

ホームセキュリティについて

住宅におけるセキュリティサービスの概要について説明いたします。民間の会社でホームセキュリティサービスを提供している物件が増えており、内容としては24時間・365日、遠隔で契約者の自宅を監視するシステムを組み、異常発生時は、緊急対処する警備員がすぐに駆け付けるというサービスになっています。契約者の外出時の対応としては、自宅に設置した検知センサーが不審者の侵入を確認すると、異常信号が監視センターに送られ、警備員が駆けつけるという仕組みです。

また在宅時で就寝中の場合も外出時と同様の方法で、検知センサーが不審者を感知するとセンターに送られるというものであり、在宅時にもし不審者と遭遇した場合でも迅速に対応できるように非常ボタンを設置するというセキュリティープランもあります。また火災などの監視についても、消防への通報と並行してセキュリティー会社にも異常信号を飛ばすのとも可能なサービスもあり、利用者にとっては二重の安心が得られるということになります。その他にもガス漏れ警報機能を追加で付けられたり、契約者の急激な体調悪化や怪我などが起こった時に呼び出せるサービス、敷地内の監視カメラで侵入者を検知した際に録画する機能などもあり、利用者は様々なセキュリティーサービスを選べるようになっています。

お勧めのサイト

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.