新しくネットワークを構築する際は、設計レベルと構築後、更に期間毎に、セキュリティの診断を行うことが重要です。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

新しくネットワークを築く際のセキュリティ診断の重要性

事業所などで新しくネットワークを構築する場合は、セキュリティへの取り組みが重要であることは、もはや周知の事実と言えるでしょう。これは勿論インターネットからの危険を回避する為であります。それを効果的に行う為にも、セキュリティを基軸としたネットワークの設計と、その設計の診断が大切です。特に新たにネットワークを築く場合は事前の診断が何より肝心で、それによってそのセキュリティ設計がより確実なものとなります。それは、設計レベルで例え課題が発見されましても、その時は設計を見直せば済みます。ところが設計レベルの診断をスキップして、実際にシステムを揃えてから課題が出た場合は、実質的にシステムのやり直しが求められる場合がありますので、時間と経費も上乗せされることになります。それを避ける必要からも設計レベルでのセキュリティの診断が、安全性には大切となります。

また、設計レベルでの診断がオールクリアであった場合でも、ネットワークシステム構築後の再診断はとても重要です。設計通りにセキュリティが機能できているか、実情に沿った診断で安全性の確認が必要です。そしてその結果も良好であった場合は、晴れてネットワークシステムを本格的に運用できるようになります。しかし、セキュリティの診断はそれからも一定期間毎に行うことが、望ましいと言えます。

お勧めのサイト

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.