情報漏えいは内側に起因する場合も多く、重要データへの接続管理と言うセキュリティ対策も有効な手段の一つです。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

重要データへの接続管理と言う情報漏えい対策のセキュリティ

事業活動に不可欠な自社ネットワークをセキュリティで守備することは大切で、近年では情報漏えいに対しましても、対策が急務となった存在と言えます。そして、この情報漏えいは意外にも、事業者の内側に起因するケースが多いという特徴があります。その為、外からのインターネットによる工作などで、重要データを持ち出される対策を講じるだけでは、安全なセキュリティとは言えない状況になっています。この状況から情報漏えいには、それに適したセキュリティシステムの導入が必須となります。

内側からの被害という場合は、主に内側の人間がその重要データに接続して複製をした後に持ち出すパターンが多いとされています。その持ち出し手段も、外部メモリーや光ディスク、または電子メールと言う場合もあります。勿論これは、意図的な場合もありますし、意図的でないミスも含まれます。例えば電子メールの誤った送信や、ファックスでの送り先の間違いなど、様々なパターンがあります。その様なケースに有効なセキュリティ対策の一つに、重要データへの接続管理があります。守るべきデータの接続に権限を設定したり、接続に際しての接続者の照会を強化したり、またはデータへの操作自体を限定すると言った手法などがあります。

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.