SSL-VPNという技術はセキュリティに優れています。外部から社内システムを利用する場合に使用される技術です。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

SSL-VPNはセキュリティ面の実装が簡易的にできる技術です

外部から社内システムにログインする場合には、SSL-VPNという技術を利用する場合が多いです。SSL-VPNはHTTPSの443番ポートを使って、レイヤ4で通信を行います。SSL-VPNを使ったシステムは、誰もがログインできるわけではありません。IDとパスワードを知っている人のみが利用できるような仕組みになっています。SSL-VPNと似た技術として、IPーVPNという技術がありますが、こちらはセキュリティの実装に手間がかかるため、敬遠されがちです。SSL-VPNを分かりやすく言うと、httpsがついたwwwのアドレスのページに使われている技術、と思えばよいでしょう。

IT企業などで、出向を行う場合、社内システムを使って勤怠管理を行うケースがあるのですが、その際にSSL-VPNを利用した技術を使い、社内にデータを送ります。技術者が、出向や派遣などで出向くのが基本となっている企業では、営業所を拠点とした活動を行うことになります。小さなひとつの営業所に何百人もの人が在籍し、技術を発揮していくわけですが、いちいち営業所に勤怠記録を残しにいくようなことはしません。そのため、独自で作られたシステムを用いて勤怠管理を行うケースが多いのです。

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.