オートロックはセキュリティを高めますが完全ではありません。住戸の戸締まりを怠らないことが大事です。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

IPv6を利用したセキュリティの向上。

オートロックはセキュリティを高めるが完全ではない

マンションのオートロックシステムは今では設置されるのが当たり前になっている設備です。築年数の古いマンションの中にはオートロックが付いてないマンションもありますが、このようなマンションでも後付することもできるので、工事をして導入しているところも増えています。

オートロックシステムがあるとセキュリティを高める効果があります。各住戸の玄関前に来る以前に、エントランスに設置された扉を解錠する必要があるからです。解錠して中に入るためには、専用の鍵か住人の許可を得て扉を開けてもらう必要になります。そのため、住人以外の部外者が勝手に入ることが非常に難しくなるので、不審者や悪質な勧誘目的の人が建物内に入るのを防ぐ効果があります。

ただ、このシステムが設置されていれば絶対安全で、部外者の建物内への立ち入りを完全にシャットアウトできるわけではないということは理解しておく必要があるでしょう。マンションの前で住人が来るのを待ち、住人が扉を解錠して入るときに、その住人のすぐうしろについて扉が閉まる前に入り込む手口で簡単に入り込むことができます。このようなことがあるのでオートロックを過信せず、各住戸の戸締まりは決して怠ってはいけません。

お勧めのサイト

Copyright 2017 IPv6を利用したセキュリティの向上。 All Rights Reserved.